読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人に頼らぬ生き方を!

人に依存して(頼って)生きない方が良い。

 

誰か頼って生きることは、その人のしもべになるようなもの。

 

確かに、我々は人々の協力がなければ生きていけないが、しかしはなから誰かに依存することではない。

誰かに頼るのは確かに楽な生き方だと思う。 うまくいってる時は上の指示に従ってさえいれば良いのだから。しかし、上がうまくいかなくなった時に災難が降りかかる。依存してる自分にツケが回ってくるのである。苦渋を舐めさせられるのは下の者の宿命である。

 

もし第三者との関係が選べるのであれば、下請けではなく同盟のような立ち位置になるようにすべし。

 

安易な選択をすると、ロクなことにならない。

苦しくてもしんどくても自分の力で生きるという当たり前の真理に逆らわずに生きることが、大切なのである。