異業種の駒より、一般社会の駒がまだマシ

異業種に、駒として生きるなら一般社会で駒になった方がまだマシだと言える 。

  

特に伝統のある業界や歴史の深い業界は、成熟した業界なので先行者利益が大きくそれだけ新参者には活躍する機会が乏しい世界でもある。

まだ一般の業界や新しい業界の方が、新規参入しても逆転ホームランを打てる可能性がある。特殊な世界では、そこで優位な武器を持たない一般人には使い捨ての駒にされる可能性が高い。大きなコネかあるいはよほどのカリスマ性でもないと辛い結果が目に見える。

 

またこのような世界は非常に保守的なので、外部には冷たい。

仮に有能な人材でも、疎外される。格式や名声が重視されるので能力は軽視される。むしろ出る杭は打たれるため一般業界では重宝される人材も、この業界では妬まれ疎外される。

 

もし、このような世界に足を踏み入れるのであればよくよく調べておくことが重要である。