読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

反骨心を持つベテラン

反骨心は成長の起爆剤になるので、ある方が良いと思う。

第一線に立つ人材は、若い頃は反骨精神が旺盛な人物が多かったりする。

 

しかし、それもベテラン世代になっても見るからに反骨心が出てる場合は話が変わってくる。

若い頃にトゲトゲしていた成功者人も、徐々に目標を成し遂げてきて年をとるにつれて丸くなってくる。ベテラン世代になる頃にはトゲがなくなってきて紳士・好々爺になってくる。

でも、ベテラン世代になっても反骨精神がある人は、キャリア期間に成果を出せずに今の歳まで引きずってしまった哀れな状態に見える。目標を達成してきた人間であれば、徐々に性格も落ち着いてくるものである。

テニス界の王者であるロジャー・フェデラーも若かりし頃はラケットを折るほど血の気の多い選手だったが、今ではジェントルマンな性格になっている。APPLEの創業者のスティーブ・ジョブズも若かりし頃は性格に難ありでAPPLEを追い出されてしまったが、iPhone出す頃には成功者らしい謙虚な性格になっている。

 

反骨心自体は悪くないが、いつまでも持ち合わせているのは考えものであると、私は思う。