読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人の価値観には踏み込まない

人は皆それぞれの価値観を持っている。

 

仕事、恋愛、人間関係なり各人が何らかの価値観を大切に生きている。

 

価値観は誰でも持っている。

だが、価値観は人それぞれで異なっている。十人十色で人の数だけ、価値観も違う。

そんな中この価値観について、言及する人がたまにいます。

他人の価値観に口出しし、「こうしなさい!」と改めようとする人がいる。

 

確かに、「えっ!?」って思う価値観の持ち主もいる。しかし、納得する者がいることも事実。

 

我々はつい自分と異なる価値観を持つ者には、拒否反応を出してしまいがちである。正直共感できない時はある。

 

しかし、だからといって「それが間違っている!」と言って矯正する権利はない。また、そんなことされてもうっとおしがられるのがオチである。

相手の価値観を否定することが、自分の狭い視野でしか考えられてないことであり、偏見ではないか。自分が正しいという傲慢さに見える。

他人から見れば、自分の価値観だって「間違っている!」と思われているかもしれない。

 

何が正しいかは正直わからない。

それぞれの価値観を尊重してあげることが大事であろう。

 

嫌われる人に見られるのが、この価値観に踏み込むことだと思われるので覚えのある人は振り返っていただければ幸いである。

他人は変えられないけど、自分は変えられる。

変えられるのはあくまで、自分だけだということを実感すればきっと理解できるはず。