不幸になる原因は「比べる」こと

自分だけが満たされない想いでいっぱいだと思われてる方。

 

それは周りの良いところが輝いて見えるからかもしれない。

自分と他人は別である。

自分より幸せそうにしている人も自分とは違う苦労や苦しみを抱えている可能性は高い。

 

隣の芝は青い

よそはよそ、うちはうち

 

自分と他人を比較したところで、異なる人間なのだから意味がない上、辛くなるだけだと思われる。

我々ができるのは過去の自分と比較して成長すること。これが一番大事である。

あくまでも我々は自分の人生を歩んでいるのだから、自分の基準を持って生きることが重要。

 

人と比べることは、他人のために人生を歩んでいることになる。

それは自分自身の人生を他人に委ねてしまっていることになる。

ある程度は周りと協調することも必要ではあるが、我々の人生の主人公はあくまで自分自身であり、口出しする外野の人間ではないということ。

「比べる」ことも必要だが、それを過信しないで生きたいと思う。