人生の処世術

人生をより良く生きる方法は?

 

各人が各々の考えで自分の人生を全うしている。

稼いだ金をどう使うかが、後の人生の大きな分かれ道となる。

 

商売人感覚で考えると、ローリスクハイリターンを狙えるものに投資するのが最良である。

お金を掛けて、更にお金を増やす。

 

一番良いのは不労所得を作ることであろう。自分が働かずとも、お金が増える仕組みを用意することでお金を蓄える。

しかし、これは理想であるがなかなか難しいと思うので他の手を考える。

現代社会では蔑ろにされがちだが、我々の一番の資本は何と言っても「自分自身」である。自分が怪我・故障したら、そもそも働くことができず収入が得ることがむずかしくなる。自己管理能力を高め、自分の体をベストに整えることが基本である。

その上で稼ぐ力をつけることが肝要である。周りの人々や先人の知恵などから思うに、己の「知識」や「経験」にエネルギーを注ぐのがベターではないかと思う。自己の能力が高まれば、自然に高い地位にいけたり、稼げるチャンスは高まったりする。

そのための具体的な手段が読書やセミナーなどの活動になると思う。

 

「できないことを潰し、少しずつできるようにすること」「知らない・分からないから分かる状態にすること」 これを増やしていくことで自分の能力を高め、人生の荒波を乗り越えていくのが容易になるのではなかろうか。